Welcome Guest 
投稿日時: 2011-11-05 (1367 ヒット)

ようこそ!まちなかリボンサロンへ


今回のまちなかリボンサロンは、雨天にも関わらず、たくさんの方にお越しいただきました。乳がん患者とその家族60名と、医療従事者&スタッフとで総勢76名が集いました。
「乳がん治療のスキンケアとメイクについて」のコーナーでメイクを体験された方にお話しをうかがったところ、「メイクの仕方で悩んでいたことが解決して、とても良かったです。」とおっしゃっていました。参加されていた方々もとても満足されていたようです。
次回もぜひご参加ください。お待ちしております。(寄稿;安田女子大学2年 末政・山本)


↑資生堂販売?中四国支社 美容統括部部長 川みよ子さんにおいでいただき、2回にわけてのブースが設けられました。



まちなかリボンサロン初のプロジェクトウィッグ・マップin広島が誕生し、着々とすすんでいます。
プロジェクトは、これまでのサロンのなかでの会話や、アンケートから、少しでも不安や悩みの軽減につながれば、との思いで立ち上がりました。
現在、実際にウィッグ店をまわり調査を行っています。利用者の立場で利用者のための冊子作成を、と皆さん頑張っておられます。
冊子は早ければ年内にも製作され、その後県内のがん拠点病院などに配布する予定です。


投稿日時: 2011-10-07 (1353 ヒット)



ようこそ!まちなかリボンサロンへ。
 
    
10月1日(土)第4回目のサロンが開かれました。 
 62名の乳がん患者および体験者、医療従事者とスタッフ総勢80名が集い、楽しいひと時を過ごしました。






今回は、中国労災病院婦人科 槙野医師による、情報提供、相談コーナーがありました。3回にわかれてコーナーに集まり、皆さん熱心にお話を聞いておられました。


投稿日時: 2011-10-07 (1232 ヒット)

この日は、大型の台風12号がゆっくりと北上し広島にやってくるとの予想で、前日から随分と心配されました。ブログで急遽、明日は予定どおり開催すること、でも決して無理はされないように、ととりあえず広報しました。しかし、当日はたくさんの方々が、開場を待たずと集まってこられ、医療従事者やスタッフを含めて約70名が参加。和やかに、そして徐々に賑やかに、と皆さんは思い思いに時間を過ごしておられました。











今回は、薬剤師、看護師による「骨粗しょう症」の情報提供コーナーがありました。2回に分けてのコーナーは、たくさんの方でごったがえし、大盛況でした。




またこの日、ウィッグ・マップ・プロジェクトがスタートしました。協力者を募り、一緒に活動したいと希望された方々が開場に残り、話し合いを行いました。


投稿日時: 2011-10-07 (1416 ヒット)


広島では特別な日である8月6日、真夏の太陽が照りつけるこの日、2回目となるまちなかリボンサロンがありました。
90名の患者さんと、医療従事者&スタッフ合わせて113名が集いました。


前回のアンケートにより、コーヒーやジュースなどの飲み物は、各自が持って動きやすいようにプラスチックや紙の軽い容器に改善しました。



今回は、たかの橋中央病院の血管外科部長 春田直樹先生においでいただき、リンパ浮腫の情報提供コーナーが設けられました。

これも、アンケートでの患者さんの声で実現しました。




薄いピンク色のリボンをついているのは、ボランティアスタッフ。
20代の大学生から60代まで年齢は幅広く、皆さんのお世話をしています。


投稿日時: 2011-10-07 (1223 ヒット)



乳がんの患者さんとその家族が気軽に立寄れるサロンが、7月2日(土)いよいよスタートしました!

医師、看護師、薬剤師など医療従事者、関係者らがボランティアで組織する”まちなかリボンサロン運営委員会”が主催。
どこの病院にかかっていても、患者会に入っていても入っていなくても、自由に気軽に立寄れること、常にお医者さんや医療関係者がサロンにいること、など患者さん主体の居心地の良いサロンです。












事前申込み不要とあって、いったい何人来られるやら・・と心配していましたが、なんと120名の方がぞくぞくとやってこられ、室内はあっという間に満席となりました。
また、仕事を終えた乳腺専門のお医者さんたち9人も、三々五々集まってこられ、各テーブルをまわって、参加者の質問や声に耳を傾けておられました。
濃いピンク色のリボンを袖につけているのが、医師、看護師、薬剤師など医療従事者です。


サプライズゲストに、県知事がおみえになりました。まちなかリボンサロン運営委員会代表の角舎ドクターの高校時代の先輩だそうで、激励に駆けつけてくださいました。しかし、あまりの人数の多さと賑やかな熱気に逆にサプライズ!と言われ、皆さんから笑いと大きな拍手が沸きました。




次回のまちなかリボンサロンは、8月6日(土)です。


【まちなかリボンサロン趣旨】― 広島大学乳腺外科 角舎学行ドクター作成資料より抜粋 ―
 乳がんは、女性にできるがんとしては最も多く、広島県内でも年間約1,300人の患者さんがあらたにみつかっています。乳がん治療は専門性が高いため。乳腺外科のある病院、外来に患者さんが集中し、外来では非常に混みあっています。そのため、診察時間も数分と短く、治療法や副作用に治療選択肢などについての説明が十分にできていない場合も多く、乳がん告知後や治療中の患者さんの精神的なケアまで十分にサポートできていないのが現状です。
 このサロンでは、患者さん同士がゆっくりとお茶を飲みながら話をすることもでき、乳がんに関する情報を交換することができます。また、乳腺専門医を中心に、看護師、薬剤師など、乳がんに関する知識を持った医療従事者が参加しますので、患者さんの不安に直接相談にのることができます。われわれ医療従事者と乳がん患者さんが、リラックスした雰囲気のなかで、楽しくおしゃべりをしながら、不安なこと、疑問に思っていたことなど、ひとつずつ解消していくことができればと願っています。

  日時:毎月第一土曜日、午後1時半から3時半まで
  場所:ウェストプラザ (広島市中区紙屋町2-2-2)
  参加者:乳がん患者とその家族
  参加費:500円(ドリンク付き) 予約は不要
  お問い合わせ先:まちなか リボンサロン運営委員会
          tel/fax 082-241-1314
          e-mail info@npomirai.com


« 1 ... 13 14 15 (16)
NPO法人 ひろしまピンクリボンプロジェクトへ
メインメニュー
パンフレット
リンク
協力・協賛
Information
NPO法人ひろしまピンクリボンプロジェクト
〒730-0035広島市中区本通4-13ゆりいか4F
Tel.082-544-0727