Welcome Guest 
投稿日時: 2012-07-15 (2679 ヒット)


開設から1周年を迎えたまちなかサロンが、7月14日行われました。
九州地方で記録的な大雨で災害が心配されるこの頃ですが、広島市でもこの日は
早朝から激しい雨が降りました。JRがストップするなど、出足が心配されましたが、
うれしいことに昼には雨も止み、開場を待たずにぞくぞくと皆さん集まってこられました。
医療従事者とボランティアスタッフも入れて103人の方が集いました。

ゲストのマッターホルンリハビリテーション病院院長 白川泰山先生は、まちなかリボンサロンの主旨に賛同し、立ち上げ当初から今日まで運営費等のご支援をいただいています。
サロンが継続できたことの感謝とお礼の気持ちを込めて、まちなかリボンサロン運営委員会から感謝状が送られ、場内からは大きな拍手がわき起こりました。
白川先生は、サロンの皆さんの熱気に最初驚かれていたようですが、とても気さくな様子で、講演後はあっという間に参加者の皆さんに囲まれておしゃべりの輪に入り、また質問攻めにあっておられました。


一周年記念として今回のミニレクチャーは、2人の講師によるお話がありました。
まちなかリボンサロン運営委員長(広島大学病院乳腺外科医)の角舎学行先生による
「乳がん治療と骨粗しょう症」、そしてマッターホルンリハビリテーション病院院長
白川泰山先生による「骨粗しょう症治療の最前線」
質問も飛び交い、とても有意義でためになるミニレクチャーでした。


受付では、一周年のお祝いに、ささやかなプレゼント”ひんやりグッズ”ハンカチが参加者全員に配られました。
暑い夏を乗り切って、まちなかリボンサロン2年目をスタートしましょう!



さて、昨年より取り組み、今年一月に完成した”ひろしまウィッグマップ”冊子。まちなかリボンサロンウィッグマッププロジェクトに続き、「乳房再建と補整下着ブックレット(仮称)プロジェクトの企画が持ち上がっています。
サロンでは、プロジェクトに参加して一緒にアンケート調査をしたり、情報提供のための冊子制作に参画してみたい、という方を募集しています。との呼びかけがありました。


投稿日時: 2012-07-14 (2683 ヒット)

  祝一周年!
まちなかリボンサロンは、開設から一周年を迎えました。
2011年7月から2012年6月の1年間、毎月一回のサロン開催に、乳がんを体験された方々、ご家族、友人、ボランティアで参加した医師、医療専門職、運営スタッフが集いあい、延べ1,169名が参加しました。

1年のあゆみ(参加人数とミニレクチャー)

第1回 2011年7月2日(土)  参加者 132人
    ゲスト:湯崎県知事

第2回 8月6日(土)      参加者 113人
    「リンパ浮腫情報提供コーナー」 たかの橋中央病院血管外科医師 春田直樹さん 

第3回 9月3日(土)   参加者 67人
    「骨粗しょう症について」 乳がん認定看護師 賀出朱美さん 薬剤師 櫻下弘さん 

第4回 10月1日(土)  参加者 79人
    「婦人科がんについて」 中国労災病院婦人科医師 槙野洋子さん 

第5回 11月5日(土)  参加者 76人
    「乳がん治療のスキンケアとメイクについて」
      資生堂販売?中四国支社美容部員統括部長 川崎みよ子さん 

第6回 12月10日(土)   参加者78人
    「体にやさしい大腸がんの最新治療」 広島大学病院消化器外科医師 檜井孝夫さん 

第7回 2012年1月7日(土)  参加者84人
    「ホルモン療法について」 広島大学病院乳腺外科医師 重松英朗さん 

第8回 2月4日(土)   参加者108人
    「ホルモン治療による副作用」 広島大学病院乳腺外科医師 桝本法生さん 

第9回 3月3日(土)  参加者130人
    「ホルモン療法の最新治療」 県立広島病院乳腺外科医師 大原正裕さん

第10回 4月7日(土)    参加者 119人
    「再発乳がんに対する放射線治療」
広島市民病院放射線治療科 医師 松浦寛司さん&同医師兼緩和ケア科医師 岡部智行さん
    「乳房温存術後の乳房照射とその合併症」 広島大学病院放射線科医師 兼安祐子さん 

第11回 5月12日(土)  参加者 94人
    「分子標的治療ってなに?」 JA広島総合病院乳腺外科医師 船越真人さん 

第12回 6月2日(土)  参加者 89人
    「乳がんは遺伝しますか?」 尾道総合病院乳腺外科医師佐々田達成さん
_____________________________________
2012年1月  ひろしまウィッグマップ冊子完成
2012年6月10日 ピンクリボンdeカープでバザー開催 


投稿日時: 2012-06-05 (1792 ヒット)

6月2日(土)第12回目となるまちなかリボンサロンがありました。
一周年を来月に控えたこの日は、4ヶ月ぶりに会場はウエストプラザで開催となりました。


今後も会場は当面ウエストプラザで行われますが、開始時間が13時半〜15時半から、
14時〜16時に変更となりますので、よろしくお願いします。
この日も、早く来られて待っておられる方が多数いらっしゃいました。(申し訳ないです。)

76名の参加者と医療従事者とボランティア、総勢90人が集いました。
初めて来られた方も多かったようです。



奥の部屋をミニレクチャー会場として、2回にわかれてお話をいただきました。
尾道総合病院乳腺外科佐々田達成先生による乳がんは遺伝しますか?」と題しての講話があり、
皆さんゆったりとしたソファでお茶を飲みながら、熱心に聞いておられました。

まちなかリボンサロンは、来月7月、記念すべき一周年を迎えます。
みんなでつくる、みんなのためのまちなかリボンサロン、まずは継続を念頭にやってきました。
来月は何か、サプライズ企画があるかもしれませんし・・・ないかもしれませんが・・・
皆さんとお会いするのを楽しみにしています!ぜひ来てください!

来月7月は、第2週の14日(土)となりますので、どうぞよろしくお願いします。


投稿日時: 2012-05-13 (1806 ヒット)


五月晴れのこの日、第11回目となるまちなかリボンサロンがあり、約80名の参加者と、
医療従事者、ボランティアスタッフ総勢約100名が集いました。

今回のミニレクチャーは、JA広島総合病院乳腺外科 船越真人先生においできただき、「分子標的治療ってなに?」と題してのお話がありました。ミニレクチャーというより、講演会さながらの専門的な内容で、また皆さんからは積極的な質問が飛び交い、とても有意義な時間となりました。



前回より広い会場で、ゆったりと時間が過ごせました。講演のあとは、医療従事者がテーブルをまわってお話を聴いたり、また、「久しぶりー。お元気?」などとあちらこちらで交流がみられ賑やかに過ごしておられました。終了後もロビーで歓談される方々もおられました。

現在企画中のプロジェクトのひとつ、まちなかリボンサロンバザープロジェクトがこの日、立ち上がりました。
6月10日(日)マツダスタジアムで行われるピンクリボンdeカープで、小さなコーナーをいただけることに。これから話し合いを重ねて行きますが、バザーにはたくさんの方に来ていただきたいですね。


投稿日時: 2012-04-07 (1854 ヒット)

桜の開花情報が飛び交うなか、第10回目となるまちなかリボンサロンが開催されました。先月につづいてメルパルク広島であり、患者さんとその家族は、13時半の開催を待たずぞくぞくと集まってこられました。




今回は、広島市民病院放射線治療科部長 松浦寛司先生と、同放射線治療科医師兼緩和ケア科医師 岡部智行先生による「再発乳がんに対する放射線治療」と、広島大学病院放射線科助教 兼安祐子先生による「乳房温存術後の乳房照射とその合併症」について、お話しいただきました。
3人の講師に来ていただくとあって、98名の患者さんとその家族が来られ、初めて来られた方も多かったようです。これまでのミニレクチャーから、初めて講演形式で行われ、皆さんは放射線治療についてくわしく学ぶことができたようです。


3名の先生方のお話のあと、角舎先生より、参加者の皆さんから上がってきた4つの企画案についての説明がありました。

その後、それぞれが椅子を動かし、グループで輪になったり、数人で向かい合っておしゃべりをしたりと、賑やかに歓談がはじまりました。今回、お茶はセルフサービスでお代わり自由。
みんなでつくる、みんなのためのまちなかリボンサロンは、アンケートに寄せられた皆さんの声や意見を反映させ、これからも居心地の良いサロンをめざして行きます。


« 1 ... 11 12 13 (14) 15 16 »
NPO法人 ひろしまピンクリボンプロジェクトへ
メインメニュー
パンフレット
リンク
協力・協賛
Information
NPO法人ひろしまピンクリボンプロジェクト
〒730-0035広島市中区本通4-13ゆりいか4F
Tel.082-544-0727